カラーMDF

​<取り扱いサイズ>

厚み:5mm 、18mm

幅×長さ:1220mmx2440mm

カラー:8色(黒、灰、薄灰、黄、橙、赤、青、緑)

・特徴

通常のMDFは①木材を細かい繊維状にし、②乾燥させ、③接着剤を加えて④プレスして製造します。

カラーMDFの場合、②と③の間に繊維を染色する工程が入ります。

原料の繊維が着色されているため、塗装とは違って表面だけでなくカットした断面も同じ色です。

塗装のような色ムラも無く、曲線や複雑な形の加工をしても切断面の色が変わらないので、きれいな仕上がりになります。

当社のカラーMDFはFSC認証材のため、サステイナブルな資源活用により、持続可能でよりよい世界を目指す国際目標SDGsにも当てはまります。

MDFそのものに色がついているので、下地材などの裏方ではなく、ぜひ表にだして魅せるような使い方をしていただきたい商品です。

棚や時計、机、ショップのディスプレイなど様々な利用方法を模索中です。

他業種の企業様でコラボできそうなものがありましたら、ぜひお声がけください!

カラーMDFは製造に非常に手間がかかるため、世界で3工場しか製造していない商品です。

そのうちの2工場は19mmといった厚いアイテムのみの取り扱いですが、弊社仕入れ先の工場は5mm、9mm、18mmの厚さで生産しています。

工場を視察した当社の営業の主観では、色も他社より安定している感じがするようです。

日本国内で初めて在庫販売を開始し、5mmと18mmの厚みで8色展開で取り扱っています。

・取り扱い注意点

 

●色を染み込ませた状態のため、強い日光に当て続けたりすると色あせが発生します。

●通常のMDF同様、水に弱いので濡れると膨らんだり、滲んだ後がついたりします。

<色あせ検証実験>

日の当たる場所に放置した場合、どのくらい色あせするのか検証してみました。

開始日:2018年12月12日

写真撮影日:2020年9月11日

​2年弱、ほったらかしにしておいた結果、↓の写真のようになりました。

左側:放置前  右側:放置後

全色とも、黄みがかった色になっています。

イエロー・オレンジはあまり気になりませんが、グレー系2色とブルーは変色が目立ちます。

色あせも味の一つと言えるかもしれませんが、きれいな発色を維持したい場合には、直射日光の当たる場所は避けたほうが良さそうです。