【陳列什器】業務用什器のお見積りは太閤へ!木製什器の活用事例

c-head-mv13.jpg

木製の陳列什器は幅広いシーンで活用可能!製作・見積り依頼は太閤へ

木製の陳列什器は飲食店や販売店、道の駅で活用できます。店舗に合う木製陳列什器を導入したい、まずは店舗什器の見積りが欲しいとお考えの方は、専門メーカーにお問い合わせください。

業務用の陳列什器!冷たい雰囲気を木製什器で温もりある空間に!

飲食店や販売店、オフィスなど、さまざまな場所で陳列什器は使用されています。場所によって活用目的が異なるため、導入場所に合った什器を入手することが大切です。ここでは、活用シーンと陳列の際に気をつけたいポイントを解説します。

 

陳列什器を活用できるシーン

陳列什器は店舗やオフィス、図書館など、さまざまなシーンにて活用可能です。雑貨などの販売店や道の駅では、商品の陳列時に使えます。木製の陳列什器はさまざまな品との相性が抜群です。インテリアを置いても野菜を置いても違和感がありません。

 

オフィスに置く場合は、事務用品や資料などをまとめる場所として活用できます。会社には数多くの備品があるため、備品をまとめておけるスペースが必要です。木製の陳列什器にて備品をまとめるだけでなく、室内を落ち着いた雰囲気へと変えてくれます。

茶碗

図書館に置けば、本を設置するスペースとして活用できます。数多くの本を置く場合は、より強度の高い素材の陳列什器が必要です。さほど本を置く必要のない子供向けの絵本スペースであれば、木製陳列什器が活躍します。木は温かみのある素材なので、子供向けのスペースに最適です。

 

商品陳列時のポイント

什器に商品を並べる際は、商品をグループ化してください。グループの異なる商品を一緒に陳列すると統一性のない印象を受けます。類似商品をまとめておけば気に入るものが見つかりやすくなるため、客単価の向上につながるでしょう。

 

陳列棚は棚によってレイアウトが異なるため、陳列もレイアウトに沿って決めてください。仕切りがついていれば、1つの仕切り内に1つのグループ商品を置くことでまとまりのある空間に見えます。

 

特に売り上げを期待したい商品は、地面から85~150cm程度の高さに置いてください。この高さはゴールデンラインと呼ばれており、お客さんが手に取りやすい高さだとされています。常時高い売り上げが期待できるものやシーズン小物などを売り出す際は、ゴールデンラインに置くようにしましょう。

 

ゴールデンラインに置く商品のそばにPOPを飾ることもおすすめです。POPのある商品は目立つため、お客さんの目を惹きつけます。POPが苦手であれば、オブジェを飾ってもよいでしょう。オブジェを置けばスペースが目立つので、商品を引き立たせることができるものを配置してください。

木製什器が欲しいならまずは見積り依頼を

木製什器が欲しいと思ったら、気に入る陳列棚を見つけて見積りをもらいましょう。陳列用の什器にはさまざまなタイプがあります。平型、ワゴン型、ラック型などいくつもあるため、陳列する商品に合わせて選ばなければなりません。

 

タイプやサイズによって什器の値段が異なります。場合によっては高額となり、予算をオーバーしてしまうかもしれません。そのため、お気に入りの棚を見つけたらまずは見積り依頼をしてみてください。

 

予算をオーバーしている場合は、予算・希望する什器を伝えることがおすすめです。メーカー側で予算の範囲内で購入できる什器を探し、紹介してくれます。

木製の陳列什器を店舗に導入するなら太閤にお任せください!

店舗やオフィス、図書館に木製の陳列什器を導入する前に、まずは既製品を見てみましょう。さまざまなサイズ・デザインの什器が展開されているため、希望に合う陳列棚が見つかるかもしれません。

 

見つからない場合は、オーダーメイドを検討してみましょう。オーダーメイドはすべて指定できるため、必要なサイズのものを作ってもらえます。デザインも注文できるので、取り扱う商品に合わせて自由に決められます。

 

既製品の購入、オーダーメイドの依頼や見積り依頼は、太閤にお問い合わせください。太閤では木製什器を複数取り扱っているため、ご来店いただければ直接商品をご覧になれます。デザインやサイズ感、手触りなどを直に確認したうえでお選びください。

本棚

既製品の中に希望するものがない場合は、オーダーメイド依頼も承ります。必要なサイズ、希望するデザインがお決まりでしたらお伝えください。デザインが決まっていない場合は、陳列する商品についてお話しください。お客様のご希望に合うデザイン什器をご提案いたします。

【陳列什器】業務用什器のお見積りなら太閤へ

[事業所名]

株式会社 太閤

[代表者名]

社長  西川 正孝

 

[本社 住所]

〒454-0011 愛知県名古屋市中川区山王3丁目6−1

[TEL]

052-331-7286

[FAX]

052-331-3944

[E-mail]

taikoh@aqua.ocn.ne.jp

[業種カテゴリ]

卸売業・流通業・木材加工・家具製造業

[事業内容及び営業品目]

住宅、家具、木工資材の専門商社  オーダー家具(住宅・船内)製造

[取扱商品]

木質系の材料《合板、MDF、カラーMDF、その他ランバーなど》

 

[URL]

https://www.taikoh.life/