【店舗什器】おしゃれな什器で他と差をつけよう!量産対応も可能

c-head-mv04.jpg

店舗什器選びは目を引くデザインにすることが重要!

店舗をおしゃれにするなら、什器選びが重要です。目を引くデザインやブランドイメージが引き立つものを選びましょう。レイアウトも工夫することで、お客様の購買意欲をアップさせることができます。

おしゃれな店舗什器選びのポイント!量産対応も可能

おしゃれな店舗の製作には什器選びが重要で、注意するポイントがいくつかあります。それが下記の7つです。

 

・目を引くデザインや配色にする

・商品が引き立つ什器にする

・お店のコンセプトに合わせる

・安全性に配慮した什器にする

・導線や配置に配慮する

・お店の形態に合わせた什器にする

・移動しやすい什器にする

 

それぞれについて解説します。

白基調のディスプレイ

目を引くデザインや配色にする

おしゃれな店舗を作るなら什器のデザインや色が目立つものにしましょう。什器はお店の中でも占める面積の割合が大きい物です。つまり、お客様に与える印象が大きい物でもあります。お店の雰囲気を決める物の中でも役割が大きいので、目立つデザインや配色の什器を選ぶようにしましょう。

 

商品が引き立つ什器にする

商品が引き立つ什器にすることは、おしゃれな店舗にするためには重要です。なぜなら、いくらおしゃれな什器であったとしても、商品よりも目立ってしまっては「商品を売る」という目的を果たせないからです。

 

例えば、什器の方が派手で目を引くものであったら、お店に入ってお客様の目にまず飛び込むのは什器になるでしょう。商品が二番目になってしまえば売りたい商品が目に入らず、素通りされてしまうこともあるでしょう。

 

お店の目的はあくまでも商品を売ることなのですから、商品を引きたたせなくてはなりません。そのため商品を引き立てる什器を選ぶことが重要です。

 

お店のコンセプトに合わせる

お店のコンセプトに合った什器を選んでください。お店のコンセプトに外れた什器は、商品を引き立たせないどころか、お店のブランディングにも悪影響です。

 

例えば、ヴィジュアル系のアパレルブランドであるにも関わらずピンクを基調にしたファンシーな什器を取り入れてしまえば、悪目立ちをしてしまい、お店の中でその部分だけが浮いてしまうでしょう。また、その什器に並ぶ商品はお店のコンセプトに合っているはずなので、商品も引き立つことはありません。

 

そのような状態では売れる商品も売れなくなってしまうので、コンセプトに合った什器を取り入れてください。

 

安全性に配慮した什器にする

安全性に配慮した什器を取り入れるようにしてください。おしゃれでブランドコンセプトに合っており、商品を引き立たせる物であっても、安全でなければお店に置いてはいけません。もし、安全でない什器を置いてお客様やスタッフがケガをしたら大変です。

 

倒れることのない安定性や簡単には壊れない耐久性、重い商品を置いても耐えられる耐荷重の高い什器を取り入れるようにしてください。

 

導線や配置に配慮する

什器選びは導線や配置に配慮した物にするようにしてください。売りたい商品や売れ筋の商品周りの導線を意識して置くことで、売り上げを上げることができるからです。また、導線がスムーズになるように什器を置くことで、お客様がストレスなく店内を回ることができます。

 

レイアウトを意識しながら、お店のコンセプトに合わせて什器を配置することで売り上げが上がるので、什器選びの際は導線まで意識しながら選ぶようにしてください。

 

移動しやすい什器にする

什器はできることなら移動しやすい物を選ぶようにしてください。什器が移動しやすければ、テーマやコンセプトが変わった時に対応しやすいからです。例えば、期間限定で売る商品のコンセプトにお店を作り変えたいというときには、什器のレイアウトを変更することが効果的です。

 

もちろん、レイアウトを変えずともできることではありますが、レイアウト変更という手段を取れるけど取らないのと、元々取れないでは大きな違いです。

 

太閤では船舶家具や自宅用家具、店舗什器のオーダーメイドに対応しています。お客様のイメージやご要望を細かくヒアリングし、ご要望に合った美しい家具を再現します。また、店舗に置く什器を量産したい方におすすめの木材もご用意しています。まずはお見積りだけでもお気軽にご依頼ください。

おしゃれな店舗のための什器選びで迷っているなら太閤までご相談を

おしゃれな店舗づくりのためには什器選びは重要です。什器はお店の中でも占める面積の割合が大きいので、できるだけ目立つデザインや配色にするのが好ましいでしょう。また、お店やブランドのコンセプトに合わせることでお客様にとって居心地のよい空間となるので、コンセプトに合った什器を選ぶことを心がけてください。

 

更に、安全性や導線に配慮した什器の配置も重要です。いくらデザインのよい什器だったとしても、安全性が担保されなければ危ないですし、導線がスムーズでなければお客様がストレスを感じてしまいます。ひいては売り上げにも直結してしまうので、安全性や導線を意識した什器選びをするようにしましょう。

店内のディスプレイ

店舗什器をおしゃれにして他店舗と差別化を図りたいけれど、どこに相談したらよいのかわからずに迷っているのでしたら、太閤までご相談ください。

店舗什器なら量産対応も可能な太閤へ

[事業所名]

株式会社 太閤

[代表者名]

社長  西川 正孝

 

[本社 住所]

〒454-0011 愛知県名古屋市中川区山王3丁目6−1

[TEL]

052-331-7286

[FAX]

052-331-3944

[E-mail]

taikoh@aqua.ocn.ne.jp

[業種カテゴリ]

卸売業・流通業・木材加工・家具製造業

[事業内容及び営業品目]

住宅、家具、木工資材の専門商社  オーダー家具(住宅・船内)製造

[取扱商品]

木質系の材料《合板、MDF、カラーMDF、その他ランバーなど》

 

[URL]

https://www.taikoh.life/